So-net無料ブログ作成
釣り道具 ブログトップ
前の10件 | -

ダイワ メタリア ライトアジ 180 インプレッション [釣り道具]

LTアジにメタルトップなんか必要なの?
メタリアからライトアジ専用竿が出ると聞いて、
ほぼ全ての人がそう考えたのではないかと思います。
私もそう思いました。
ライトアジBBやライトアジXでも十分な釣果が出ます。
50cmくらいのヒラメも上がります(目撃者談)

しかし、仕舞128cmはすばらしい!
ワンピース180cmやバットジョイント150cmにしなかったダイワの心意気(?)に敬意を表して買ってしまいました。
エアセンサーシートカッコいいし。

使う前は、極鋭カワハギやエメラルダス AGSのように、
メタルトップ部分だけが柔らかい竿なのかと思っていいました。
30号の錘を下げてみると、穂先全体が柔らかいく、
メタルトップ部分が完全に下を向きます。
トップが柔軟でトップ部分だけが曲がる、
リーディング 73 MH-190・Vに似た調子です。
竿全体が弧を描くリーディング 64 MH-190・Vとは全く違います。
もちろん胴自体はリーディング 73 MH-190・Vの方が強いので、
リーディング 73 M-190・Vが近いのでしょうか。

メタリアのプロモーションで気になっていたのが、


「アジのモタレあたりを明確に表現」
メタリア ライトアジ



モタレあたりってなに?


魚がエサを食ったときに、わずかに伝わる重みのこと。
D.Y.F.C 釣り用語辞典




「もたれ」と呼ぶ、ごくわずかな重み、わずかな違和感のあたりが出るようになる
江戸前考 ~釣った、食べた、少し考えた~




明確なアタリではない、
違和感や竿先がわずかにもたれる(まがる)ようなあたり

らしいです。
ライトアジを5年くらいやってきたけれど、そんなアタリを感じた事がない。
今まで使ってきたリアランサー ライトアジは、かなり手感度が良い竿です。
シコイワシやネンブツダイのアタリが明確に分かります。
潮の重さの変化、ラインの近くを魚が通る感じが分かります。
そんな事を伝えてくれる竿で分からなかったモタレというものが、分かるのだろうか?
いや、そもそも、手に伝わるアタリが鈍いからモタレになるのではないか?
そんな疑念を持ちつつ、メタリアを使ってみました。

この日はアジの型が大きく、30cmオーバーがほとんど。
35cmオーバーがポンポン出ました。
ところが、アタリがとても小さいのです。
アジが反転せず、竿先が少し動くだけのアタリ
そこで聞き合わせると、ズンッと重くなる。
もしかしてこれがモタレ?

ただし、メタリアでないとわからないかというと、そんな事はありません。
同じ日に初めて使ったサーベルマスターテンビンM165でもアタリが分かりました。
おそらくリアランサーでも分かるのだと思いますが、
リアランサーライトアジが登場してから7年の進化はありかもしれません。

40cm弱のアジが掛かると、さすがにパワー不足は否めません。
リールのドラグが滑って巻けなくなります。
それでもリアランサーに比べて20cm長いので余裕はあります。
10年前のSC小船ではなく、最新のリールを使えば、
巻き上げも余裕がでるかもしれません。



nice!(11)  コメント(0) 

がまかつ ラグゼ EGTR X S510ML-solid インプレッション [釣り道具]

2019-10-28 12.20.49.jpg
1.2kgが掛かっているときの曲がりです。
かなり胴の方まで曲がりこんでいますね。

前モデルのEGTR S510Mは、
軽さ、感度、ジャークのし易さ、
全てが今まで使ってきた竿の中で一番でした。
しかし、妻が使っていたEGTR S510Mで初めてティップの破損に直面し、
折れないSMTを使うようになりました。
それでも、EGTRを使いたいという気持ちがあり、
もう一度入手しようかと思っていた矢先にモデルチェンジがありました。
使ってみようという気持ちは固まったものの、問題はレングスとパワーです。
MにするかMLにするか。
510にするか65にするか。

FP志摩の谷口さんのブログを見ると、
EGTR Xは前作に比べると柔らかい事は間違いないようなので、
MLにするとかなり柔らかそうです。
現在のエメラルダス60L-SMTに比べて極端に柔らかいという事はなさそうですが、
ジャークに自信がないのでエギが動くだろうか。
今季は、がまかつもダイワもエギの安定性を打ち出してきています。
トレンドには間違いなさそう。
それを一番体現したのはMの様だと受け取れました。

長さについては、セフィアの6フィート5インチが使い易かったので、
仕舞がコンパクトで、それくらいの長さが出てくれないかと思っていたら、
EGTR Xとエメラルダスの両方から6フィート5インチが出る事が分かりました。

うわー迷う。
破損の恐れを考えるとSMTは必要、だとすればエメラルダスか。
しかし、EGTRを使いたい。

決まらないままEGTR Xが発売されると、あれよあれよと売り切れになっていきます。
このままだと来期まで手に入らないかもしれない。

迷いを振り切り、EGTR X S510ML-solidを購入しました。

現物を見てみると。
まず穂先の細さにたじろぎます。
破損が怖いので、ティップカバーが必須だと思ったのですが、
細すぎて、被せるタイプのカバーも恐ろしいので、
横から挟むクレイジーオーシャンのティップカバーを買いました。

とにかく細い、そしてガイドが小さい。
暗い中でガイドに糸を通すのは至難の業です。
元ガイドはけして高くはありませんが、
風に煽られたラインがロッドに張り付くような事はありませんでした。

ジャークはとても楽です。
自分ではあまりよくわからないのですが、
動画をみると、胴がよく曲がっています。

400g、600g、1.2kgを掛けましたが、
600gでも寄せるのに苦労しました。
1.2kgは、ポンピングが必要でした。
柔らかい竿なので仕方がないのですが、
大きなイカだと苦労します。
ヴァンキッシュC3000を使いましたが、
ヴァンキッシュなら軽いので、
3000番(Cじゃない方)か4000番くらいがいいのかもしれません。

バラシが一回、横抱きが一回ありました。
竿が柔らかいのでアワセが効きにくいのかもしれません。
ただ、柔らかいと言ってもグニャグニャの竿ではありません。

穂先はとても繊細です。
波に合わせて上下しますが、
イカのアタリは、波とは違う動きになるので分かりました。

今年ニューモデルを出したがまかつとダイワ
双方ともエギを暴れさせない「安定性」を打ち出していますが、
方向は少し違うようです。

がまかつは、永田さんや谷口船長のコメントをみると、
EGTR Xは、ティップを長くして竿を柔らかくしてエギを安定させ、ブランクスは高弾性。
一方のダイワ、
私にはいつも住澤さんのコメントが分かりづらいのですが、
粘りと感度を両立させたと言いたいのかな。
サイトの説明を見ると粘りのあるブランクスでエギを暴れさせない方向のようです。

エギを安定させる事はシマノが以前から重要視して、
長めの竿を作ってきたきましたが、その有効性が証明された形かもしれません。

とはいえ、シマノも511というショートロッドを出してきたあたり、
トレンドには逆らえなかったという事ですね。




nice!(9)  コメント(0) 

シマノ サーベルマスターテンビン M165 インプレッション LTアジで使用 [釣り道具]

LTアジのギガアジに対策で購入しました。

スペック的には「ライトゲーム 73 MH-165」という感じだと思っていたので、
リアランサー ライトアジから持ち替えた時に違和感が少ないだろうと考えました。
当然、30号ビシではオーバーパワーで、
竿が跳ねたり感度が鈍かったりするだろうと想像していたのですが、
使ってみてびっくり、30号ビシでもティップが馴染んで安定します。
潮の重さもはっきりとわかります。

使用した日は、アジが反転せず、
それまで使っていたメタリアでは、
メタルトップの竿先がわずかに震えるようなアタリが多かったのですが、
サーベルマスターテンビン M165でも、小さなアタリを取る事ができました。
それでいて、30cmオーバーのダブルでも竿が負ける事はなく、
安定したリーリングができます。
なんて懐が深い竿なのだろうと驚きました。
これで20cmクラスのアジが掛かっても違和感がなければ、
LTアジは、これ一本でいいのではないかと思っています。




nice!(14)  コメント(0) 

ダイワ エギタコ X 180 と シマノ タコエギ BB S175 比較 インプレッション [釣り道具]

今シーズン、東京湾のタコエギで
エギタコ X 180 と タコエギ BB S175を使用しました。

ダイワは、数年前からテスターが積極的に発信をしていたエギタコですが、
シマノは竿を出したもののほとんど情報がなく、
比較の対象とする事が難しいくらいだったのですが、
エギタコXの在庫がなくて、まずタコエギ BBを使う事になりました。
しかし、穂先が柔らかすぎて、
二回目は、在庫が回復したエギタコXを使用しました。

タコエギ BB S175


川崎の堤防際の根掛かりの多い場所で使用しました。

船が流れ根掛かりの多い場所だったので、40号を中心に使用。
30号だと着底までのフォールがよくわからない状況でした。
根掛かりしても、完全に掛かってしまうまでわかりません。
タコを釣かける事はできましたが、
穂先が柔らかすぎる上にシェイクに対する追従が良くない印象でした。

後半、近距離の堤防の際に錘を入れていくような釣りになりました。
コントロールはとてもつけやすい竿でした。

エギタコ X 180


沖で根掛かりの無い貝殻の多い砂地で使用しました。
30号錘をキャストして誘って来る釣りになりました。
フォール中の錘の感覚、トップガイドを固定して竿先だけ持ち上げるようなシェイクなど、
かなり使い易く感じました。
着底直後のタコの乗りもはっきりわかります。
ただ、キャスト時にトップガイドへの糸絡みが結構な頻度で発生しました。

比較


穂先をまげてみると、
タコエギ BB S175に比べると、エギタコ X 180の方が、「いくらか」固いティップです。
ただ、その差は「比較してみればわかる」という程度です。
これにはびっくりしました。
実際に釣りをすると、タコエギ BB S175の方がかなり柔らかい穂先だと感じるからです。

1213.jpg
大きな違いは、ティップ部分のガイド
上 エギタコX
下 タコエギ BB S175
エギタコXの方が先端のガイド数が多いので追従性が良いような気がします。

シマノが先行する形で、タコエギ BBに穂先の柔らかいSを出しました。
ダイワも、穂先が繊細なメタリアとアナリスターのSを出してきたので、
柔らかい穂先がトレンドなのは間違いないようです。
ただ、タコエギ BB S175の穂先は柔らかすぎました。
もし根掛かりの無い場所でタコエギ BB S175を使っていたら、
違う印象になっていたのかもしれませんが、
現段階では、エギタコXがあれば十分だと思います。

もし最初の一本でタコエギ BBを使うのであれば、
S175ではなく普通の175の方がいいと思います。

エギタコXは、キャストで糸絡みが多発しましたが、
これは私の技術による所が大きいでしょう。
一方、近距離に打っていくような釣りも問題なくできると思います。

感度については明確な優劣はないと思います。
どちらも小タコの乗りが分かります。

エギの操作性はエギタコXの方が上だと思います。
特に私のような初心者は、
少し硬い穂先で小さくしっかりエギを動かした方が釣果に繋がると思います。


nice!(7)  コメント(0) 

ダイワ リーディング 73 MH-190・V インプレッション [釣り道具]

一年で三回しか使用できませんでしたが、
感想を書きたいと思います。


剣崎 イサキ


サニーFL60号
水深 20~60m

6月の仕立て船で、周りは80号のところで60号を使用しました。
まだウィリーのジャークがよくわからないので見様見真似でしたが、
周りの船でもほとんど釣れない厳しい状況で初のイサキを釣る事ができました。
特に感度が良いと思う事はありませんでしたが、
潮の重さは分かります。

アジ狙いの水深60mで水の入ったプラカゴ60号を巻き上げるとかなり疲れます。
この竿で手巻きだとこのあたりが限界かなと感じます。

イサキはこの竿を購入した目的の一つでしたが、
もう少し魚を掛けないとわからないという感想でした。


東京湾 LTアジ


アンドンビシ40号
水深 30~40m

10月のLTアジ船

ギガアジを主に考えていたので、
普通サイズのアジを釣るには明らかにオーバーパワーです。
とはいえ、穂先が柔らかいのでアタリは明確に分かるし、
バレが多いという事もないので、
釣りにならないという事はありません。

竿のパワーが違うので錘40号では当たり前ですが、
リアランサーライトアジに比べると、水中から伝わる情報が少ない。
潮の流れやビシが揺れが分かりません。

一旦ギガアジが掛かってしまえば、安心感は圧倒的にリーディング。
ギガアジの引きをいなして、リールのハンドルが滑る事もなく上がってきます。
それでも、掛けたあとに苦労するのは分かっていても、
リアランサーを選びたくなりました。
このあたりは慣れなのかもしれません。
水中の情報が多いからと言って釣れるわけではありません。
むしろ、アタリが的確に分かるのであれば、
無駄な情報の無い竿の方が疲れないような気もしました。

この竿を使いこなすためには、
穂先でアタリを取る事に慣れる必要がありそうです。

またギガアジの水面バラシが一回ありました。
リアランサーライトアジでは水面バラシはあまり起きないので、
引きをいなしきれず口切れが起こってしまったのかもしれません。

相模湾 イサキ・アジ


サニーFL60号
水深 10~50m

プラカゴ60号は、この竿のベストな負荷かもしれません。
たとえ20mといえども、水が入ったプラカゴはかなりの重さがあります。
これにウリンボウが二匹も付くとそこその負荷になります。
これ以上重く感じると手巻きでは辛いかもしれません。
サバやイナダが掛かってしまうと、
強引に巻いて引き上げてしまわないとお祭り必至ですが、
手巻きで強引に引き寄せられました。

水深45mくらいでアジが来た時は、
手にアタリが伝わる前に、竿先のかすかな震えから手に一気に引き込まれました。
初めて竿先のアタリを実感した瞬間でした。

そこからは、38cmのアジを安定して上げて来ることができました。
やはり安心感があります。
一方で、アタリはあるが針掛かりしない事がありました。
釣果を求めるのであれば、対策が必要かもしれません。

64 MH-190・Vとの比較


64 MH-190をまだ使っていないので陸上での比較になるます。
以前も書いた事がありますが、穂先は73 MH-190の方が柔らかくなっています。
簡単に言えば、64 MH-190は全体が曲がり、73 MH-190は穂先の下までが曲がるので、
同じ重さの錘を下げた場合は、
64 MH-190の負荷の方が強く感じるので、硬い竿のような感覚があります。

宇佐美のカイワリ


ギガアジと並んでターゲットだった宇佐美のカイワリはまだできていません。
来シーズンは、電動、80号のカイワリにチャレンジしたいと思っています。





nice!(9)  コメント(0) 

ダイワ エメラルダス AGS 60L-SMT BOAT インプレッション [釣り道具]

がまかつのEGTR S510M-Solid.Fと
エメラルダス 511ML-SMTに代表されるショートロッドは、
今ではすっかり主流になって、
和らかく長い竿にこだわった「先生」のシマノでも、
5フィート代を出さなくてはならなくなったようです。
一方、2019年のモデルチェンジで、
がまかつ・ダイワがともに、柔らかく低反発の竿でエギの安定性を謳って来た事は、
エギの安定性を強調してきたシマノの主張が正しかった事を裏付けているのかもしれません。

がまかつ・ダイワが、
6フィート、6フィート5インチ、7フィートをそろえてきた事で、
今後ティップランロッドは、この3種に集約していくのでしょうか。
ダイワもシマノも6フィート6インチとか7インチとか8インチとか、
微妙な長さを出していました。
せっかくグレードが違うのだから長さを変えたいとか、
他のメーカーと被らないようにとか、
色々思惑はあるのかもしれませんが、
これからは、他と被ってもロッドのグレードが違っても長さは同じでいいんじゃない?

私が初めて使ったロッドは、バレーヒルのレトロマティック RMS-63Sでした。
元ガイドが低く風でラインがブランクスに張り付てしまう以外は、
使いやすいロッドでしたが、
EGTR S510Mを使った時は、その使いやすさの本当に驚きました。
軽さ、感度、ジャークのし易さ、
全てが今まで使ってきた竿の中で一番だったと思います。
本当であればEGTR S510Mを使っていたかったのですが、
妻が使っていたEGTR S510Mで初めてティップの破損に直面し、
コスト的に難しいと思わざるをえませんでした。
そこで、「折れない」エメラルダス 511ML-SMTを使うようになりますが、
511M-SMTに柔らべると柔らかくなったという 511ML-SMTでさえ、
EGTR S510Mに比べると棒を振っているような感じで、しっくり来ませんでした。
それに、問題はやはり仕舞寸法です。
ワンピースで180cmの511ML-SMTはやはり嵩張る。

そこに登場したのが60L-SMTでした。

60L-SMTは511ML-SMTより穂先は固く、全体は柔らかい竿です。
Lパワー(45gまで対応)ですが、
30gを中心に、それ以上ならばベイトを使う事を前提にしていました。
しかし、糸ふけを出さないタッチアンドゴーをするためには、
35gを中心に45から50g程度を使う事になってしまいましたが、
アントラージュS3(43g)やダートマックスTR30g+シンカー20gが十分使えました。

適度に胴が入ってくれるのか、EGTR S510Mほどでないにしても、
511ML-SMTよりはジャークがしっくりきます。

糸ふけを出さないタッチアンドゴーを試した時は、
7フィートのロッドも持っていきましたが、竿に角度がつけられないので着底が分かりにくく、
6フォート程度にするのが良いようです。




nice!(11)  コメント(0) 

エメラルダス AGS 62MB-SMT BOAT インプレッション [釣り道具]

始めは、お助けリグ専用で使用していましたが、
波が高い時は、重くしたエギ単体でも使用しています。
エギ単体で使用しても着底に神経を使わなくていいので楽です。

そもそも、ティップランは、
落とす・ジャーク・ステイの繰り返しなので、
ベイトの方が向いているのではないかと思っていました。
問題は、ベイトでは細いPEが使えないのでエギを重くしてくてはならない事。
エギはなるべく軽い方が良いというのが定説だったので、
フォールで抵抗がなく、細い糸が使えるスピニングが圧倒的に有利で、
あえてベイトを使う利点は無いと言われてきました。
しかし、必然的に重くなるお助けリグの登場と、
深場で重いエギを使う場合のベイトの有用性が見直されて行きました。
(メーカーの戦略もあるでしょうが)
決定打となったのは、がまかつの永田さんやFP志摩の谷口船長が提唱する「タッチアンドゴー」
糸ふけを出さずに着底後直ぐに底を切る為には、エギを軽くする必要はありません。
また、ベイトリールの進化で、PE0.6号を使っても全くトラブルがありません。
そうなると、立ち上がりの早いベイトはには有用性があると思います。
事実、昨年の宇佐美では、エギ単体で着底後すぐにアタリがありました。

エメラルダス AGS 66MB-SMT BOAT
デッキステージ EGTR B62MH-Solid.F
エメラルダス AGS 62MB-SMT BOAT
セフィア エクスチューン レッドデビル B605MH-S
を使ってきましたが、現在のところ62MB-SMTに落ち着いています。

66MB-SMTと比較


66MB-SMTと比べるとSMTが硬い感じがありますが、
お助けリグを使う限りティップの曲がりがそれほどの差になるとは思えませんでした。
あえて言えば、早いジャークは62MB-SMTの方が楽かもくらい。
潮が流れていない状態であれば双方に大差はありませんが、
波が高い時は66MB-SMTくらいの長さがあると気持ちが楽です。

私の車は仕舞が130以内であると積載がとても楽なのですが、
152cmという仕舞の不自由さを我慢してまで使用するメリットは感じませんでした。

EGTR B62MH-Solid.Fと比較


62MB-SMTはEGTR B62MH-Solid.Fに比べても穂先にハリがあります。
この二つは非常に似た印象で、
EGTR S62MH-Solid.Fのメリットはスパイラルガイドですが、
それだけなら折れないSMTの62MB- SMTでいいのではないかと思います。

B605MH-Sと比較


沖縄の深場アオリまで想定して140gまで対応しているので、
シャクリと同船して相模湾で春の大物を狙う時に使えないかと思い手に入れました。
B605MH-Sも、ティップだけが曲がる62MB-SMTやB62MHとはかなり調子が違い、
ティップの下も曲がります。
60gを下げるとティップが大きく曲がる62MB-SMTよりも余裕があります。
竿の作りが非常に良く、ティップ・ブランクスともに信頼感があります。
しかし、相模湾の春アオリは厳しい東京湾の方が釣果が良いので、出かける機会がなかった事。
155cmという仕舞の不自由さを考えると、やはり不便で手放しました。



nice!(10)  コメント(0) 

シマノ 06 サーフリーダー 405 CX 並継 [釣り道具]

1029.jpg

#2が2回折れてしまったトーナメントキャスター、
1回目は運よくすぐにグリップの状態は悪いものの#2がきれいな中古が見つかり、
#2を入れ替える事ができたのですが、
今度はなかなか見つからず、
少し前にサーフリーダーを売却してしまったので、投げ竿が無い状態。
サーフリーダーを探してみたら、状態の良い物があったので購入しました。

トーナメントキャスターに慣れてしまうと、すごく太く感じました。
アタリの感度はトーナメントキャスターには及びません。
それでも、このメタリックブルーのサーフリーダーは、
下田に通って鱚に熱中した頃に使っていた竿なので手になじみます。

いづれはプロキャスターを買うつもりだったのですが、
年数回になってしまった投げ釣りには、この竿でも十分以上で、
結局2016年から使い続けています。





ダイワ リーディング 73 MH-190・V [釣り道具]


こちらに使用した感想をまとめてあります。

もっとパワーを!


LTアジに使っているリアランサーライトアジとSCクイックファイヤー小船300XTでは、
米元のギガアジには力不足でした。
竿で浮かす事ができず、ハンドルは空回り、
それはそれで面白いのですが、
それが2桁になるとショート船では疲れてしまいます。

もうすこしパワーのある竿がほしい。
リールのパワーを上げる事も選択肢ですが、
カウンターが付いて底からモードのあるSCクイックファイヤー小船は唯一の存在。
もう底からタナを取る釣りなら底からモードどころかカウンターがなくても大丈夫かもしれませんが、
今のところそれを変える気になれません。

そうなると、竿を硬くするか、長くするか。
こればかりは使ってみなければ分かりません。

当然候補は、ライトゲームCI4+とリーディングになってきます。
デザインの好みはライトゲームCI4+ですが、仕舞が問題です。
レヴォーグのラゲッジには、130のロッドケースであれば横にして置くことができます。
下田の投げ釣りではリアシートを倒して150のロッドケースを置きますが、
「ライト」な横浜のLTアジであればリアシートを倒さずに載せられる範囲にしたい。

もう一つの用途は、宇佐美のカイワリ
指定は80号ビシとなっているけど、6月7月であれば60号で大丈夫そう。
シマノのチームステファーノの投稿では73MH200と64MH190で60号
シマノの松本さんはライトゲームCI4+M190で60号
ダイワの松永さんはリーディング73MH-200・Wで60号

やはり悩みは、64か73か、MかMHか、となります。

64か73か、それが問題だ


カイワリはコマセシャクリやウィリーの釣りになります。
一般的には、
コマセシャクリやウィリーは、ビシの操作性の良い73の竿が向いているといわれていますが、
それも対象魚によるようで、ハナダイや青物はそれでいいが、
イサキなどは、ビシが跳ねないようなシャクリが良いという人もいて、
64が良いという人や錘負荷一杯の73が良いという人もいる。
これはもう経験と好みの問題なのでしょう。
64や73と言ったところで竿によって調子が違うだろうし。

東京湾での汎用性で言えば73MHでしょうが、
マゴチはともかく、アマダイやタチウオ・根魚には興味がない。
ギガアジ専門ならば、64Mか73M、リーディングの73MH-160がいいような気がする。

しかし、64ならばライトゲームCI4+ Type64 MH-190の仕舞は144cmで
150のロッドケースに入れればカワハギの極鋭と変わらない。
リアランサーから持ち替えて一番違和感がないのはライトゲームCI4+ Type64ではないだろうか。
それならば、ラゲッジに横には入らないけど、ライトゲームCI4+にするか・・・

悩みに悩んで、やはり仕舞の問題があるので、リーディングに絞りました。
そしてギガアジ・カイワリ共用として
第一候補は73MH-190、店頭で64MH-190と73MH-160を比べてみることにしました。


踊らされるな! 釣るんだ!


問題は在庫です。
目当ての73MH-190は、自宅近くの釣具店は売り切れ、
ネットでも安い店は入荷するとすぐに売れきれる状態で、
ネットで購入しようとすると高いのです。

町田近くにある釣具店は、自宅周辺のはおろか、ネットより安いくらい。
ここにあれば購入できると思い在庫をといわせると、在庫あり、ネットで安い店くらいの値段。
出かけてみると、新製品とはいえ品揃えがよくて、
73MH-190、73MH-160、73MH-180MT、73H-190、64MH-190、64M-190
と比較対象が全てそろっていました。


73MH-160
ソリッド部分が長くて、バッドが短いので、
バッドパワーはあるけど竿が曲がってやわらかい印象、LTアジには最適かも。

73MH-180MT
メタルトップは柔らかいけど弾性があるので、73MH-190より硬い感じがする。
タチウオや根魚は良いのかも。
もしかしたらカワハギが面白いかもしれない。

73MH-190
ソリッド部分がながくてしなやか、バッドパワーはあるけど突っ張った感じはない

64MH-190
ソリッド部分は73MH-190より硬い感じがする。
同じ負荷をかけると、当然73MH-190より曲がりこむけど、73MH-190より硬い印象
73MH-190がバットで負荷を支えているのに対し、
64MH-190はベリーに負荷がかかるから、
硬いというより手元で感じる負荷かもしれない。

好印象は73MH-190と73MH-160でしたが、
ここはベンチマークとして73MH-190を購入しました。
誕生日割引もあって安く購入できました。
ネットの品薄感に煽られた感じは否めないけど・・・

結局、いくら情報を集めてみても、実際使ってみなければ分からない。
情報に踊らされず、釣ってみよう。
釣ってみて、それから、もっとこうじゃないかとか、こういうのが好みだとか、
わかってくるのではないか。

しばらくは、この竿を使い込んでみようと思います。




nice!(9)  コメント(0) 

フィッシングショーには行きませんでしたがシマノ・ダイワの2018年新製品は気なる [釣り道具]

ここ数年恒例だった横浜フィッシングショーですが、今年は行きませんでした。

ダイワの村越正海氏、高橋明彦氏の参加がなく、
ダイワ・シマノ共に興味のあるトークショーのプログラムがありませんでした。

昨年が面白くなかったのもあります。
新製品のプロモーション中心になるのは仕方がないことですが、
メーカーのイベントも、
一昨年の田辺哲男氏と村越氏のトークショーが面白かった主催者イベントも、
昨年あたりから、釣種が偏っているような気がします。
(私が興味ない釣りやインストラクターなだけかもしれませんが)

それでもこの時期に発表される新製品には興味が出てきます。


今年はなんと言っても、ダイワのリーディングのモデルチェンジです。
ライトアジにリアランサーライトアジを使っていますが、
大アジ狙いだとパワー不足を感じていました。
シマノのライトゲームCI4+が好みなのですが、
車に積む事を考えると仕舞寸法が長くて不便です。
私の車だと、ロッドケースを荷台に横にして積めるのは130cmまで。
本当は全て130cmに収まる竿を使いたいので、
ワンピースやグリップジョイントが多かったカワハギやティップランで、
極鋭カワハギ AIR AGSステファーノCI4+のツーピースの追加、
そしてエメラルダス AGS ボートの新作がツーピースになったことは嬉しい限りです。

今年ライトゲームCI4+にツーピースの追加がないならば、
極鋭ゲームM-175AGSかMH-195AGSを考えていましたが、
LTアジと年一回あるかないかのイサキではもったいない気がします。
リーディングには粘りはあるが張りが物足りないという印象がありまししたが、
カーボン含有率が上がっているので、張りが出ているのではないだろうか。
73 MH-160・73 MH-190・73 MH-185 MTあたりなら、
大アジ、イサキ、そして今年こそチャレンジしたいカイワリに使えそうです。


ベイゲームは、
コアフットボディやマイクロモジュールギアを搭載し、
パワーシングルハンドルモデルがラインナップ。
スティーレと先代ベイゲームをシングルハンドルにして、
ティップランに使っている私には気になる存在です。
標準ギア比でも使えると思いますが、いずれハイギアの追加があるか?


イサキやカイワリで60号を使うけど、年に1、2回だから電動リールまではいらない、
でもカウンターはほしい、でもバルケッタBB600だと糸巻き量が多すぎる。
ほとんどわがままのような条件に合致しそうなのが、グラップラー プレミアム
ただ60号で最大巻上げ81cmはきついかな。
炎月 プレミアムをパワーシングルハンドルに変えてたらプレイズ 400 (底からモード付き!)が買えそうなので、
バルケッタBB600が現実的でしょうか。


面白うそうなのが、
ENGETSU 一つテンヤマダイSS パワースペック B225H
一つテンヤの盛んな外房は遠いので、東京湾の一つテンヤの興味がありました。
潮流の早い東京湾では20号を使う事もあり、頻繁な底取に糸の出し入れが多いそうです。
そうなるとベイトが便利。
これなら、タイラバ、マイクロジグも一本で出来そうです。


発売は昨年ですが、セフィア エクスチューン ティップエギング レッドデビル B605MH-S
シマノもティップラン用のベイトロッドを出してくれたか、と喜んだのもつかの間。
仕舞154.7cmが・・・

昨年511ML-SMTを手放して60L-SMTにしたので、
手元にある一番長い竿は66MB-SMTです。
ロッドケースは180cmからダイワ ライトロッドケース 155PWとコンパクトになりました。
154.7cmでは、155cmのロッドケースに入ってもギリギリ。
どうもシマノのティップランロッドとは縁がないようです。






nice!(13)  コメント(0) 
前の10件 | - 釣り道具 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。